初釜 -茶道編- 


初釜は恒例の新阪急ホテルのお茶室で行われました。
今年はなんとお炭点前からでした。普通お茶会では滅多にお炭点前は見れません。贅沢なことです。


そして、お点前は長板の総飾り。
炉ぶちの朱色が映えてキレイでした。


お床には結び柳。
結びの「むす」は、「産む」、「生む」という言葉とつながり、青々とした柳は、いつまでも変わらない生命力を表すとされるそうです。


58792




3246


お軸はお家元からいただいたものだそうです。
いつも先生方は、京都のお家元の初釜にも出席されます。
今日はその様子を語っていただき、とても勉強になりました。

やっぱり、お家元の点てるお茶は格別おいしいそうです^^




花びら餅お濃茶席でのお菓子は、花びら餅を食べました。これは、お正月のときだけのお菓子。ごぼうと白味噌餡とピンク色の菱餅が柔らかいお餅で包まれていて、とってもおいしいのです。
なんと600年も昔の文献にも登場するという伝統のお菓子です。
←こんなの。
このお餅ちょっと食べづらく、キレイに食べれるようになったら一人前だと先生がおっしゃってました。


薄茶席では干支のうさぎのお菓子をいただき、合計1時間半の正座。
足がえらいことになってました。涙



そして昼食はこちら。



1467


おめでたいお料理ばかりで、おいしかったです。
今年も精進していきたいと思います。
お茶歴9年目突入。


Comments

んーーごぼうとお味噌のお菓子・・・
ほんまにそれおいしいの??

9年目!
継続は力なりだね。
とこももヨガがんばる

とこもへ
今度買って行ったげる。
おいしいんだからー。
ラブレター見たよ。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://mion0422.blog16.fc2.com/tb.php/598-919bebec