最近読んだ本 



21965


白いしるし/西加奈子


【あらすじ】
女32歳、独身。誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、恋を遠ざけていた夏目。間島の絵を一目見た瞬間、心は波立ち、持っていかれてしまう。走り出した恋に夢中の夏目と裏腹に、けして彼女だけのものにならない間島。触れるたび、募る想いに痛みは増して、夏目は笑えなくなった――。恋の終わりを知ることは、人を強くしてくれるのだろうか? ひりつく記憶が身体を貫く、超全身恋愛小説。


図書館に「サラバ」を借りに行ったら、全部出払ってて予約してきました!
一冊だけ残ってた「白いしるし」。初、西加奈子はどっぷり恋愛小説でした。
主人公の夏目が、大阪から上京し“大阪が第二の都市と言われるけど、東京とそれ以外なのだ”と感じるシーン。
今まさにそれを痛感してる!と思いながら読み進めました(笑)
人の多さやお店の人の対応だったり、建物、公共機関全てにおいて他の都市とはレベルが違う。
ここは世界の東京なんだと日々実感しております。
脱線しましたが、夏目が恋する男性、間島は私の中で完全に辻仁成のイメージに仕上がってしまって
そういう事が勝手に妄想出来る本はやっぱり面白いと感じました。



9856


こころ/夏目漱石
斜陽/太宰治
明暗/夏目漱石





こちらは日本文学、漫画で読破シリーズです。
この3冊の中では、斜陽のインパクトが強い。登場人物それぞれの生き様が凄い。
原作未読の私には、入っていきやすくて良かったです。
夏目漱石に出てくる男性はどちらも弱い・・・のにちゃんと結婚出来てる。
思想家で働かないのに妻は従順って、今の時代では間違いなく三行半突きつけられますね!


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://mion0422.blog16.fc2.com/tb.php/1550-120d3c96