和菓子のアン/坂木司 


652



【あらすじ】
デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。謎めいたお客さんたちの言動に秘められた意外な真相とは?読めば思わず和菓子屋さんに走りたくなる、美味しいお仕事ミステリー。



病院の待ち時間に読んでたら面白くなってやめられなくなった一冊。
本というより、少女マンガみたいだったー。主人公が可愛くて同僚たちのキャラもとてもいい!
和菓子には歴史があって、由来があって見た目もきれいで・・・そんな和菓子がある日本の文化って素敵!
と単純な私は思ってしまいましたー。桂に大福買いに行こかなー(*´m`)ムフフ