舟を編む/三浦しをん 


4334927769.jpg


2012年 本屋大賞受賞作品


【あらすじ】
玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか──。言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる長編小説。



初めて三浦しをんの作品を読みました。
すごく面白くてあっという間に読めてしまう内容でした。
“あがる”と“のぼる”の違いや、本に使われる紙の素材について書かれていて楽しみながら読めました!
「言葉」が持つ意味を深く考えさせられ、「本」の良さを改めて実感。
今は電子本があったりして便利になってるけど、めくる感覚とか読み終わった時の達成感は
本でなければ味わえないし、そういうのを感じながら読みたいと私は思います。
読み終わった後は、色んな辞書を見比べてみたくなる!


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する