最近読んだ本 


Kさんが貸してくれたヨガの本2冊読みました!


ei0065.jpg 

これからヨガをはじめる人の本


 習い始めてやっと1年。
 体が硬いので出来ないことも多いけど、だいぶ慣れて来た気がします。
 イラスト入りで紹介されているこの本は、
 今更聞けないようなことも詳しく書いてくれていて、分かりやすい。
 このポーズ一体何!?って思いながらやってたのとかも、一気に解決!
 深いヨガの思想についても、さらっと、でもなるほどと思えるように
 書いてくれているので、ヨガに興味ある方にはいいと思います。 






2013050302062431D9f8lCBxL__SS500_-2.jpg

ヨガから始まる―心と体をひとつにする方法―

 
 こっちはもう少し深くて、日本のヨガの第一人者ケン・ハラクマ氏が
 ヨガとの触れ合いとその人生を綴った一冊。
 生き方がヨガ、まさにそんな感じでした。
 無理をしない、人と競争しない、受け入れるということ。
 そういう考え方がヨガだとこの本には書いています。
 私自身、ヨガを習っていく内にそういう気持ちに変わってきて
 少しずつ受け入れるということが出来るようになった気がするんです。
 年を重ねたということもあるけど、上手くいかないことも仕方ないんだと
 穏やかに思えるようになったような・・・
 


またこの中に書かれていた、世の中に普遍的なものはあるのか?という話の中で、
―“全てが変わる”ということが変わらないということ―
という言葉が印象的でした。
理解は出来ていても、変わらければいいと願ってしまう環境や人との繋がり、
そういうものが日常の中にはたくさんあって、でも間違いなく変化していく。
それを受け入れられる柔軟性を養うのがヨガだと。
まー他にも植物を食べるとか、肉食の私には到底無理なこともたくさん書かれてました。
続けて読んでたら深過ぎて、ヨガヨガし過ぎててお腹いっぱーいって感じになるので
少しずつ読むとほうほうと思えます。