お茶会 -茶道編- 



j501


お茶会のお床は、こんな感じでした!
花入れも籠で、夏らしい演出。
ひよこみたいに見える右のは、お香合(こうごう)です。


g995


本来はお炭点前の時に使う、お香を入れるものですが
お茶会の時は、お床に飾ってお客さんに見てもらいます。


g566


お道具はこんな感じ。
お棚は荒磯(あらいそ)というもので、波頭の透かしがあります。
桐木地で、涼しげな印象。
下段に置いているのは水指(みずさし)で、このお棚を使う時は
鯉の文様のものを使うのがお約束だそうです。
黄色が効いていて、蓋置(ふたおき)の緑との取り合わせが良かったと思います。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://mion0422.blog16.fc2.com/tb.php/1022-803afc01