スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芥川賞 

61k3UIH1zYL__SL1500_.jpg

火花/又吉直樹

【あらすじ】
お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。




読んでみました!芥川賞受賞作品。
すっごく面白かったかと言われるとそうでもないかな。
ちょっとくどい部分が多くて、時間の流れが分かりにくかった。
先輩、神谷の笑いのセンスがイマイチ私には理解出来ず、お笑いについての議論がくどく感じてしまったのかもしれません。もう少し、主人公徳永の描写があると感情移入しやすかったと思います。
何となく昭和の匂いがするのは、著者が純文学好きだから?お笑い芸人の苦悩や葛藤が垣間見える作品。
著者のように芸人として成功している人は一握りで、大体は神谷のように埋もれていると思うと切ない気持ちになりました。





41q7xp1L1qL__SX346_BO1,204,203,200_ 

スクラップ・アンド・ビルド/羽田圭介


【あらすじ】
「早う死にたか」
毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、
ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。

日々の筋トレ、転職活動。
肉体も生活も再構築中の青年の心は、衰えゆく生の隣で次第に変化して……。
閉塞感の中に可笑しみ漂う、新しい家族小説の誕生!

誰にでも訪れる可能性がある介護や老いがテーマ。
予備知識なく読み始めたんですが、ぐいぐい惹き込まれ勢いよく読めました。
いつか自分が介護する側になるかもしれないし、確実に自分にも老いは来る訳で、そんな時を想像しながら読みました。
祖父は、常に「死にたい」と言っているのに、生への強い執着を持っている。孫の健斗は、その希望を叶えるために過剰な介護で祖父の動きを奪う。
すっきり終わらないところが余計読者に問いかけてるようで、考えさせられます。
読み終わってからも、何度も思い出してしまう、余韻が残る一冊。個人的には、「火花」より良かった。


スポンサーサイト

最近読んだ本 



21965


白いしるし/西加奈子


【あらすじ】
女32歳、独身。誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、恋を遠ざけていた夏目。間島の絵を一目見た瞬間、心は波立ち、持っていかれてしまう。走り出した恋に夢中の夏目と裏腹に、けして彼女だけのものにならない間島。触れるたび、募る想いに痛みは増して、夏目は笑えなくなった――。恋の終わりを知ることは、人を強くしてくれるのだろうか? ひりつく記憶が身体を貫く、超全身恋愛小説。


図書館に「サラバ」を借りに行ったら、全部出払ってて予約してきました!
一冊だけ残ってた「白いしるし」。初、西加奈子はどっぷり恋愛小説でした。
主人公の夏目が、大阪から上京し“大阪が第二の都市と言われるけど、東京とそれ以外なのだ”と感じるシーン。
今まさにそれを痛感してる!と思いながら読み進めました(笑)
人の多さやお店の人の対応だったり、建物、公共機関全てにおいて他の都市とはレベルが違う。
ここは世界の東京なんだと日々実感しております。
脱線しましたが、夏目が恋する男性、間島は私の中で完全に辻仁成のイメージに仕上がってしまって
そういう事が勝手に妄想出来る本はやっぱり面白いと感じました。



9856


こころ/夏目漱石
斜陽/太宰治
明暗/夏目漱石





こちらは日本文学、漫画で読破シリーズです。
この3冊の中では、斜陽のインパクトが強い。登場人物それぞれの生き様が凄い。
原作未読の私には、入っていきやすくて良かったです。
夏目漱石に出てくる男性はどちらも弱い・・・のにちゃんと結婚出来てる。
思想家で働かないのに妻は従順って、今の時代では間違いなく三行半突きつけられますね!


人間の目利き/曽野綾子×吉村作治 



3265


かなりお久し振りに本の話。父から回って来たシリーズでした!
何だかずーっと大人の会話を聞いてるような、そんな感じ。
でもイスラム教についても触れられてて分かり易かったです。
アラブ人はおしゃべり好きで、そこから個人情報を聞き出して人を見極めているとのこと。今の日本ではそういう判断材料はなくなりつつありますね。
裏と表を使い分け、物事の裏を読み、人を見抜くアラブ人の「目利き」について書かれた一冊。なかなか面白かったです。
次は西加奈子の「さらば」を読みたい!



和菓子のアン/坂木司 


652



【あらすじ】
デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。謎めいたお客さんたちの言動に秘められた意外な真相とは?読めば思わず和菓子屋さんに走りたくなる、美味しいお仕事ミステリー。



病院の待ち時間に読んでたら面白くなってやめられなくなった一冊。
本というより、少女マンガみたいだったー。主人公が可愛くて同僚たちのキャラもとてもいい!
和菓子には歴史があって、由来があって見た目もきれいで・・・そんな和菓子がある日本の文化って素敵!
と単純な私は思ってしまいましたー。桂に大福買いに行こかなー(*´m`)ムフフ


高知県民なので 


大根の煮物にもいい加減飽きて、違う調理法で作ってみたこのレシピ →
食感が大根ぽくないー。じゃがいもとか筍に似た食感になり、大量消費も出来ていい感じでした!

:::::::::::


IMG_3237_20140305173529a12.jpg


ご存知「竜馬がゆく」。
8巻もあるので手が出せずにいたけど、ついに図書館で借りてきましたー。
でも歴史苦手(´д`)完読出来るか不安ですが・・・
いつかは読まないとと思っていたので頑張ります。読めたら報告します。
違う本がしれっと載せられてたら、断念したんだなとスルーして下さい。

司馬遼太郎の描く竜馬はかっこいいとか。
この本が好きな人は、バイブル本のように何度も繰り返し読んでいるらしいので
よっぽど期待して読みたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。